書 籍、専門誌 >>> カ-トの中 クリックでカ-トの中を表示


東京ネイチャ-_表紙 東京ネイチャ-_ボラ 東京ネイチャ-_アユ 東京ネイチャ-_マルタウグイ 東京ネイチャ-_落アユ 東京ネイチャ-_アユ孵化 1. Tamagawa 東京ネイチャー

世界遺産にも劣らない生命の神秘と力強さ、多摩川の素顔を写し切った大傑作。


首都東京を流れる多摩川。その水は大部分が羽村堰で取水される。そして人の暮らしに使われ、下水となるが高度な浄化処理で生まれ 変わり、ふたたび川に戻される。

そんな中下流部の「作られた水」で、人知れず驚嘆すべき生命の誕生と循環が営まれている。水質が著しく改善した近年の多摩川は、 1000万尾を超える天然江戸前アユが遡上する河川に生まれ変わっていた!

世界的な大都市を流れる川の生き物たちが織り成す「東京ネイチャー」に一人の写真家が迫る、10年の歳月をかけた奇跡の撮り下ろし作品。 世界遺産にも劣らない生命の神秘と力強さ、多摩川の素顔を写し切った大傑作。

著者:津留崎 健   発行者:鈴木 康友   発行所:(株)つり人社

サイズ:A4判並製

品名定価オンライン価格 数量購入ボタン
Tamagawa 東京ネイチャ- \2,800+税 \2,570  

The History of Bamboo Fly Rods 2.  The History of Bamboo Fly Rods (毛鉤竹竿とその開拓者達)

錦織 則政 著   A5判 / ハ-ドカバ- 352ペ-ジ つり人社 発行

フライフィッシングとはいかなる釣りなのか?  そのル-ツと全貌を“竹ザオ”を軸に読み解く世界でも初めての書。

19世紀から20世紀にかけての近代フライフィッシングの発展の過程を、「竹ザオをめぐる職人と釣り人たちの歴史」を軸にまとめ上げた渾身の著。 アメリカ、イギリス、そして大陸ヨ-ロッパを中心に、レナード、ハーディ、ギャリソン、ペゾン、パウエル、ウィンストン……といったメ ーカーの勃興と栄光の道筋をたどりながら、一大歴史絵巻として読み解く。

月刊『FlyFisher』誌上で2012年4月号から2013年8月号までの17回にわたって掲載された好評連載に、新章やコラムを大幅に加筆修整のうえ再編集。 竹ザオ好きはもちろん、フライフィッシング・ファンなら誰でも見逃せない。

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
The History of Bamboo Fly Rods \2,800+税 \3,024  

The History of Trout Flies 3. NewThe History of Trout Flies / 鱒毛鉤の思想史
     ザ・ヒストリー・オブ・トラウトフライズ

 これ一冊で、鱒を釣るフライの歴史がわかる。


古代ローマから現代にいたるまで、鱒を釣るための毛鉤は大いなる変遷をへてきました。原始的なリアルさの追求から、技術の発展に伴う 表現力の拡大、魚の生態の理解に基づく科学的アプローチ、アートとの接近にいたるまで、あくまで趣味の世界であるがゆえにさまざま な思考と思想がかかわってきたのが、トラウトフライの世界です。

考え方の移り変わりと、歴史的に重要性のあるパターンの姿を、豊富な図版と主要図書からの引用を組み合わせて概観するのが 「ザ・ヒストリー・オブ・トラウトフライズ」です。この本が一冊あれば、世界におけるフライデザインのおもな流れを把握でき、またフラ イを製作する場合の貴重な参考図版としても活用できるでしょう。

 錦織 則政 著      (株)C&Fデザイン 発行

 サイズ: A4変形/ハードカバー      頁: 395頁(うちカラー36頁)

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
The History of Trout Flies \6,400+税 \6,912  

海フライの本3 マッチ・ザ・バッチ 4. New 海フライの本3 (海のフライフィッシング教書)  著: 中馬 達雄

 おかっぱり(岸から)の海のフライフィッシングを体系的に解説した世界で
 初めての専門書。この一冊で海フライがもっと分かる! 釣れる!


近年、国内外の海でフライフィッシングを楽しんでいるフライフィッシャーが増えています。
本書は、もっと海フライを知りたい、広く楽しみたい、思い通りに釣りたいフライフィッシャーのための、海のフライフィッシング教書 です。スズキ、カマス、アジ、イナダ、ギンガメアジ、ロウニンアジ、根魚、カンパチ、シイラなどを、岸から狙って釣るためのテクニックと、日本の 海で生まれ育った、よく釣れるフライパターン、初めての海の探り方、リゾートなどの離島でのフライフィッシングまでを網羅しました。

これから海フライを始めたい方、渓流や湖のマス釣りで忙しい方の読み物としても、楽しんでいただけます。

* A5版   144頁

【著者紹介】 中馬達雄 ちゅうまん・たつお

1950年、釣具店の息子として生まれる。幼少時から各種の釣りに勤しみ、ラ・サール高校卒業。金沢大学中退。全国を放浪の後、1977年郷里の 鹿児島市へ戻り「FLY SHOP ちゅうまんの夢屋」を開業。現在も釣行回数は海を中心に年間300日を超える。

※ 特製小冊子、「マッチ・ザ・バッチ 春の東京湾バチ抜けシーバス・フィッシング」(牧浩之)をご用意しました。 春に最盛期を迎えるバチ抜けシーバスの釣りを新鮮に描いた、エキサイティングな海のフライフィッシング・エッセイです。
『フライの雑誌』第64号(2004・品切)初出時に大いに話題になった名作です。
復刻の声におこたえして、A5判8頁の抜き刷りリーフ レットで再登場です。


品名定価オンライン価格数量購入ボタン
海フライの本3 \2,000+税 \2,160  

ウェットフライ400 パタ-ン クリック
すると拡大画像を表示 (44k) 5. ウェットフライ 400パターンとドレッシング・テクニック ( ソフトカバ- )

発売以来、世界的なベストセラ-となった、400に及ぶウェットフライのパタ-ンブック。古い文献 から復刻したパタ-ンや、グレ-トセッジ、スペックルドセッジ、ピ-コッククィ-ンなど、沢田賢一 郎オリジナルパタ-ンまで、類を見ない充実度。巻末にはテクニック上の代表的なパタ-ンをドレッ シングプロセスとともに紹介してあります。400のパタ-ンが手元にあれば、当分は大丈夫。あらゆ る状況を想定して、とっておきのウェットフライを用意したいものです。

 著: 沢田 賢一郎    B5 版  152頁  オ-ルカラ- 400 パタ-ン

  ある一ペ-ジ (62k)

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
ウェットフライ 400パタ-ン \3,800+税 \4,100  

山と河が僕の仕事場表紙 山と河が僕の仕事場2 山と河が僕の仕事場3 山と河が僕の仕事場4 山と河が僕の仕事場5 山と河が僕の仕事場6 6. 山と河と人が繋がる暮らしは、こんなにも幸せだ。

山と河が僕の仕事場|頼りない職業猟師+西洋毛鉤釣り職人ができるまでとこれから

* 牧 浩之 = 著   * A5判 192頁(内、カラーグラビア16ページ)

「はじめに」より
2011年10月、僕は妻の出身地である宮崎県の高原町へ移り住みました。 きっかけは結婚の挨拶をしに、東京から妻の実家へお邪魔したとき。山と河、田畑に囲まれた自然環境のこの町に、思わず一目惚れ。 僕は昔から「いつかは田舎暮らしを」と夢見ていたんですけど、歳をとってからじゃ遅すぎると直感しました。

東の空がうっすらと明るくなり始める頃、僕は軽トラックに乗り込んで山へ向います。獣道に仕掛けた罠を見回り、獲物が掛かって いなければ猟銃を担いで森の中を歩き回ります。 狙う獲物により狩猟期間は異なりますが、11月初旬から3月中旬までの猟期中、僕は毎日のように山に入ります。猟期が終われば毎朝 の渓流通いが日課です。ヤマメやニジマスを釣りに、自宅から30分圏内の渓流を釣り竿片手に徘徊します。そして午後からは自室で 毛鉤製作の仕事に取りかかります。

年間を通して生活時間のほとんどを自然の中で過ごしていますが、決して遊んでいるわけではありません。狩った獲物の肉は我が家 の大切な食料です。毛皮と鳥の羽根は自分で毛鉤の材料に加工して、インターネットで販売しています。 その材料を使って自分で製作した毛鉤も大切な商品です。毛鉤の仕上がりを試したり、新しいアイデアを実地で確認するために、 川や湖で釣りをします。

いま、我が家の生活の糧は、狩りと釣りから得ています。僕にとってここ南宮崎の山と河は、大切な仕事場で生活の場で、最高の遊 び場です。人との触れ合いと自然の恵みに感謝して過ごす日々です。 楽しいことばかりではありませんが、山と河を駆け巡る暮らしには、人生を満喫するスパイスがあふれています。

牧 浩之

●NHK全国ネット・テレビ宮崎・宮崎放送他に登場、泣き虫のフライフィッシング
 猟師の書き下ろし! 美しいグラビア、かんたん で美味しい野生肉料理、役立
 つ山と河のコラムも満載!

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
山と河が僕の仕事場 \1,600+税 \1,728  

山と河が僕の仕事場2表紙 山と河が僕の仕事場2 山と河が僕の仕事場2 山と河が僕の仕事場2 7. New 山と河が僕の仕事場A|みんなを笑顔にする仕事

 狩りと釣りで5年暮らした。新しい職業猟師のかたちが見えてきた。

* 牧 浩之 = 著   * A5判 192頁(内、カラーグラビア16ページ)

『山と河が僕の仕事場|頼りない職業猟師+西洋毛鉤釣・・』の続編です。

「はじめに」より


自宅の菜園で、自家消費用の野菜を育てるのも僕の役目です。農家の方にコツを教わり、毎月何かしらの野菜を収穫できています。それも無農薬。とても贅沢なことです。 獲物の肉や育てた野菜を、お世話になっている方に差し上げると、僕が作っていない野菜や、牛肉、卵といった食材を逆にもらうこともよくあります。 物々交換ではないですが、気持ちのやりとりがそこにはあります。

僕はIターン移住者ですが、少し特殊なケースだと思います。移住して生活が180度変化しました。田舎暮らしはスローペースだとよく言わ れますが、一日が24時間では足りないほど、忙しい毎日です。 高原町では家族、地域の人々、山と河、自然、すべてが自分と繋がっています。その繋がりからいただく恵みで僕と家族の生活が成り立って います。 釣りと狩りを通じて次から次へと広がっていく繋がりが、僕の最大の財産です。 人と人の間で生きていくから人間であるわけで、都会では忘れていた多くのことを、高原町の人々の温もりが思い出させてくれます。川崎で は隣りに誰が住んでいるのかすらも知らなかったのですが。

前作を書いて以降も、泣いたり笑ったり、本当に様々な刺激的なことがありました。移住当初と比べると、自分の目に見えている景色も、考え方も、暮らしに向き合う姿勢も、明らかに変わりました。 これからも変わり続けるんだと思うと、ワクワクが止まりません。 

牧 浩之

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
山と河が僕の仕事場A \1,600+税 \1,728  

FlyFisher11月号表紙 桂の下のブルック 夜泣き谷に憧れたころ クロダイの沈黙 8.  Salty Talks / 海フライのフロンティアが見えてくる!

FlyFisher誌上で連載され、好評を博した「海のフライフィッシングに熱い全国18人のインタビューとフライタイイング」が待望の単行 本化。連載時に紹介したフライはもちろん、各人の未公開タイイングも大幅に追加し、日本はもちろん、海外の釣り場でも通用する基本 にして最先端のフライパターンを網羅する。

ニッポンのシーバス、青もの、マグロ、シイラ、アカメ、クロダイ、バショウカジキ、さら に海を渡った先のターポン、ボーンフィッシュ、レッドフィッシュ、パーミット。真摯に対象魚に向き合ってきたフライフィッシャーた ちの、思わず納得のノウハウとタイイングテクニックが一堂に見られる貴重な一冊です。


品名定価オンライン価格数量購入ボタン
Salty Talks \2,200+税 \2,376  

淡水魚の放射能

くわしくはこちら
9. 『淡水魚の放射能』 川と湖の魚たちにいま何が起きているのか

福島第一原発事故以前、日本では淡水魚の放射能汚染はまったく研究されていませんでした。本書の第1部では、チェルノブイリ事故をはじめ世界の核施設による、 知られざる淡水魚の放射能汚染をくわしく掘り起こします。

第2部ではそれらの事例を参考に、福島第一原発の大事故により、いま日本の川と湖の魚たちに起きている放射能汚染の実態を見つめ、汚染の仕組みを考えます。 そしてこれからの汚染の行方を予測します。

 選ぶべき未来は森と川と魚たちが教えてくれる。

【著者紹介】
水口憲哉 (みずぐちけんや)
1941年生。原発建設や開発から漁民を守る「ボランティアの用心棒」として全国を行脚し続けている。著書に『海と魚と原子力発電所』『魔魚狩り ブラックバスはなぜ 殺されるのか』『放射能がクラゲとやってくる』『桜鱒の棲む川』『これからどうなる海と大地』『食品の放射能汚染 完全対策マニュアル』(共著)など多数。千葉県 いすみ市岬町在住。資源維持研究所主宰。農学博士。東京海洋大学名誉教授。

A5判 横書き 104ページ   フライの雑誌社発行

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
淡水魚の放射能 \1,143+税 \1,234  

朝日のあたる川

くわしくはこちら
10.  朝日のあたる (赤貧にっぽん釣りの旅二万三千キロ)

29歳、家無し、職無し、彼女あり。 こんな僕にも朝日はのぼる!

上京10年、ミュ-ジシャンの夢はかなわなかった。仕事もアパ-トも捨て、オンボロ軽ワゴンに暮らしながら気になる川で釣りをする。僕に残っているのは、釣りと仲間と彼女のエミ。
─恋あり涙あり冒険あり。崖っぷち無職男の夢は覚めるのか!?

「旅に行かないで!」(エミ)

「みんな、お前の夢に乗ってるんだよ」(先輩)

「お前とうとう漁師になったんが!?」(山形のじいちゃん)



著: 真柄 慎一  カバ-イラスト: いましろたかし  巻末解説: 渡辺裕一

新書判 264頁   フライの雑誌社 発行

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
朝日のあたる川 \1,143+税 \1,234  

熊が人を襲うとき表紙 熊が人を襲うとき 山と河が僕の仕事場2 山と河が僕の仕事場2 11. New 熊が人を襲うとき

 日本列島最大の野獣、クマ。

本州と四国にはツキノワグマが、北海道にはヒグマがそれぞれ生息する。山の糧を得て暮らす人たち、釣り人、山菜取り、登山者などには 馴染み深い生き物だ。また古くからマタギに象徴されるように狩猟の対象でもあった。

* 著者: 米田 一彦   * 四六判並製 224    * つり人社出版

熊を追いかけて46年になるツキノワグマ研究家が、長年のフィールドワークで培った圧倒的な知見をもとに過去の事故例を 独自に分析、解説。

人はいつ、どこで、どのようにして熊に襲われてきたのか。熊から逃れる術はあるのか。被害を最小限に抑える方策 は!? 過去1993件/2255人の人身事故例から「熊が人を襲うとき」の核心に迫る。

また平成28年5〜6月に秋田県鹿角市で起きた重大事故 (タケノコ採り4人が死亡、4人が重軽傷を負った国内第3規模の獣害事件)にも言及。 熊の分布域がかつてないほど広がりを見せる昨今、 人と熊の遭遇はもはや山奥だけではなくなった。

登山者、釣り人、山菜・キノコ取り、すべてのアウトドア・ファン必携の書。

品名定価オンライン価格数量購入ボタン
熊が人を襲うとき \1,800+税 \1,944  

 Copyright(C) 1996-2018, FlyShop Online All Rights Reserved.   >>>  トップのペ-ジに戻る  >>>  書籍 専門誌 DVDのガイドペ-ジに戻る