グラスマスタ- 渋谷直人モデル



渋谷直人
グラスマスターNSFは、バンブーロッド

ビルダーである自分がバンブーロッドでは

表現できない部分と、必要なアクションを

併せ持たせたロッドに仕上がりました。

 コンセプトはロングティペットをコントロールできる渓流でのスタンダードなアクションと、竹竿で作ると重くなりすぎてしまうパックロッド、という部分の融合です。 ロングティペットをコントロールできると言うことと、ロングティペット専用という部分においては説明しにくい部分ではあります。僕が考えるロンティペットロッドは それしか使えないようなアクションとは考えてなく、しっかりとキャスティングできる範囲でのスローアクションを意味します。しかも単純で円を描くようなベンディング を描くスローとは異なり、パラボリックとプログレッシブの両立や押せる(固く感じるセクション)部分を作るなど、実釣を最優先したアクションに仕上げています。

 渓流でのフライフィッシングに最も必要なのは釣りの距離内でのコントロールです。足元から15ヤードまでのコントロール性が重要で、さらに絞り込むならば6〜12ヤード の距離になります。渓流で釣りをしていて快適なロッドは、その距離での融通性が高いロッドである場合が多いものです。それはティペットの長さに関係なく決まっていて、 ロングティペットを扱うには更に別の次元のアクションが要求されます。ロングティペットで重要なのは、トラブルの無い舟形のループを容易に作れることになります。 ワイドなループでありながら、ループの上辺が真っ直ぐにポイントに向かっていく感じが必要です。これを楽に実現できるアクションはスローでありながら、硬い部分のある 感じのアクションなのです。

 実釣でもかなり使用してみました。竹ほどのシャープさは無いですがほぼ同等のループができ、キャストスピードを上げるのも可能でした。 また数多くの魚を釣っているうちに、グラスならではの良さも実感できました。それは魚とのやり取りの安心感です。竹ももちろんやり取りには定評がありますが、 このロッドの場合はゴム紐で遊ぶような感覚があり、細ティペットやミッジサイズのフックなどを使用した場合などは優位性が更に増す感じです。実際に#17のフックで 皮一枚で掛かった尺ヤマメが、絶対にはずれるだろう感覚の中で無事ランディングに至りました。これまでの経験では確実にバラしていた尺ヤマメが取れたのは、グラスと いう素材とロッドアクションのバランスが良かったものと思われます。このようなことからも、細仕掛けでの大物対決などでは有利な場面も多いと思われます。是非試して いただきたいものです。

 最後になりますが、竹竿派の予備ロッドとしても信頼の置けるロッドであるということをお伝えしたいと思います。グラファイトのように軽すぎて の違和感も少なく、アクションも竹竿に近い感覚のためキャスト感の調整も楽です。雨の日や山岳地帯への釣行など、竹に不安を感じるシチュエーションにはピッタリの予備 ロッドになります。長さライン番手など、渓流の標準ロッドとしてのバランスもピッタリですので、かなりのキャパシティーでカバーできることと思います。自分の使い方と してもこのような使い方になると思いますが、今年は源流域での釣りも多く考えており出番が増えそうです。

                                                渋谷直人
[ グラスマスタ-のペ-ジに戻る ]
Copyright(C) 1996-2016, FlyShop Online All Rights Reserved.